バトルフィールド 1のジャケット写真

最大64人による対戦に対応した壮大なマルチプレイと、緊迫した世界大戦を味わえるシングルプレイでプレイヤーをとりこにする『バトルフィールド1』。バトルフィールドシリーズ史上最もダイナミックで危険なミッションが満載!今回は『バトルフィールド 1』の裏技やちょっとしたテクニックをご紹介!

ジャンル:シューティング、発売日:2016/10/21、発売会社:エレクトロニック・アーツ株式会社

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

医療品箱や弾薬箱を設置しよう

看護兵がガジェットとして所有しているのが医療品箱です。医療品箱は味方の近くに設置しておけば、味方の体力を回復することができ、生存率がアップします。もちろん包帯ポーチでも同じ効果を得ることができます。包帯ポーチは看護兵以外に騎兵も所有することができるようになっています。

援護兵が所有することができるガジェットが弾薬箱です。弾薬箱は味方の近くに設置しておくことで、ガジェット、手榴弾などを含む弾薬が補充されるようになるので継戦能力を上げることができます。弾薬箱以外に弾薬ポーチも同じ効果を得ることができ、弾薬ポーチは援護兵以外にも騎兵が所有することができます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=HJvZWvecU4Q

勝ちチームに移動?これでキルレが安定する!

勝っているチームの方が味方が強い傾向にあり、敵は弱い傾向にあります。比較的キルを稼ぐことができるのでキルレートも安定します。チームの移動方法はオプションボタンからチームセットアップ、チーム移動を選択すると移動することができます。

ですが明らかに両陣営に人数の差が生じる場合は移動できないこともあります。そんな時は両陣営にハッカーがいなければハッカー就任から敵ハッカー就任、退任でチームを移動することができます。またラウンド終了間近になるとチーム移動ができない場合もあります。

戦車で3倍のスピードで移動する裏技

バトルフィールド1では、ランドシップ、ヘビータンク、ライトタンクの3つの戦車から選ぶことができます。それぞれの長所、短所があり、例えばランドシップは一人では最大火力を出すことができませんが、3人以上で連携が取れると強力な武器となります。

そんな戦車の中でも本格的な一人乗り用で機動力やステルス性能が高く、ヒットアンドアウェイ戦法で活躍するのがライトタンクです。ライトタンクなら通常は入ることができない建物の中にも入ることが可能なので、歩兵支援も行うことができます。

このライトタンクで斜面を登る際に左右キーを連打しながら登ると通常の3倍の速さで登ることができます。もちろん斜面以外の平地でも使えます。

撃ち合いになった時はスライディングで逃げ切る!

バトルフィールド1から新しく追加されたのがスライディングです。ダッシュをしている最中にしゃがむボタンを押すとスライディングをすることができます。

敵を遭遇して撃ち合いになった時に態勢を立て直したい時はスライディングをしながら物陰に隠れると、敵の照準が合いにくくなるので撃ち合いになっても態勢を立て直して再度攻撃をすることができます。また遠くから撃たれた場合もスライディングなら素早く物陰に隠れて敵を探すことができます。

スライディングが終わりそうな時に再度ダッシュボタンを押すと、スライディングが終わった後も再度走り始めることができます。

リロードを速くするテクニック

リロードの時間が相手に隙を与えてしまうことから、できるだけリロードを速くしたいと思うユーザーも多いのではないでしょうか。

弾薬のリロードはマガジンを外す、マガジンの装填、コッキングという過程を踏んで行われていますが、実際には、弾薬表示を見るとわかりますがマガジンの装填のモーションが終わった時点でリロード自体は済んでいます。この時に弾薬が追加されたことを確認して武器交換ボタンを二度押すと、後半に行われるコッキングのモーションを飛ばすことができるので結果的にリロードを速くすることができます。

もちろんロケットランチャーなどでもモーションやボタンの操作などは多少異なりますが、同様にコッキングのモーションをキャンセルして装填を速くすることができます。

リコイルを制御するならタップ撃ちがオススメ

初心者に多いのが銃を連射している最中に標準が、せり上がっていく現象です。これは射撃をする際の反動によるものであり、基本的には銃の威力が大きければ大きいほど反動は大きくなります。この反動を制御するのをリコイルコントロールと言い、リコイルを防ぐには連射ではなくタップ撃ちがおすすめです。

基本的にフルオートの銃はボタンを押しっぱなしにすると連射で射撃をすることができますが、ボタンを数回に分けて押すと数発ずつ射撃をすることができます。これがタップ撃ちです。ある程度反動の強い銃でも初段はリコイルがほぼないことから、タップ撃ちをすることで反動による標準のブレを防ぐことができます。

バトルフィールド 1の作品情報

バトルフィールド 1のジャケット写真
発売日
2016/10/21
ジャンル
シューティング
開発会社
エレクトロニック・アーツ株式会社
GEOで購入!
バトルフィールド 1のユーザ評価

評価数:644件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

クチコユーザのバトルフィールド 1の評価
  • 壮大な64人対戦—複数のフレンドと分隊を組み、最大64人のプレイヤーが同時に入り乱れるFPS史上最も壮大なマルチプレイ対戦に挑め。プレイヤーは歩兵として、あるいは戦車やオートバイ、複葉機から巨大な戦艦に至る陸・海・空の乗り物に乗り込んで戦うことができる。 最高に面白い作品
  • 本当の戦場の様でとても楽しい マルチの地上戦ではとてもリアルに出来ており連携が出来た時の楽しさはとても良い
  • 第1次世界大戦の戦場描写がリアルであり、戦闘場面も360度画面を確認しながら戦うためスリルとハラハラ感が最高です。

参考URL
・youtube.com