ラプラスの魔女の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

1.8

6件のレビュー

6件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

公開日:2018/05/04

上映時間:115分

ジャンル:邦画サスペンス

最新のレビュー追加日:2018/06/22

この作品は?

「ラプラスの魔女」

東野圭吾の同名小説を、「ヤッターマン」以来のタッグとなる三池崇史監督・櫻井翔主演で映画化。

出演は櫻井翔広瀬すず福士蒼汰など豪華キャストで贈る、ジャンルは邦画サスペンスの作品です。

6件のレビューが投稿されており、評価は1.8と注目の作品です!

解説

東野圭吾の同名小説を、「ヤッターマン」以来のタッグとなる三池崇史監督・櫻井翔主演で映画化。自然現象による2つの不審死が連続して発生。警察から調査を依頼された大学教授・青江は事件現場を念入りに検証し、自然科学的見地から事件性を否定するが……。共演は、「ちはやふる」シリーズの広瀬すず、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰ほか。脚本は、ドラマ『半沢直樹』の八津弘幸。

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での硫化水素中毒死という2つの不審死が連続して発生する。しかも、死亡したのは知人同士であった。警察からこの不可解な事件の調査を依頼されたのは、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)。一連の事件が事故ではなく、他殺であったなら、犯人は、完全無風状態になる一瞬をあらかじめ知っていて、その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所へピンポイントで被害者を誘導したことになる。そんなことは、“ラプラスの悪魔”でない限り不可能だった。封鎖された

概要

制作年

2018年

制作国

日本

出演者・スタッフ

出演

監督

原作

脚本

音楽

製作

エグゼクティブプロデューサー

企画・プロデュース

プロデューサー

プロダクション統括

アソシエイトプロデューサー

ラインプロデューサー

キャスティングプロデューサ

撮影

照明

美術

整音

録音

装飾

編集

助監督

制作担当

VFXスーパーバイザー

キャラクタースーパーバイザー

ヘアメイク

音楽プロデューサー

サウンドエディティングスーパーバイザー

  • 総合評価
  • 1.8
  • 東野圭吾の初期作品にもあった…

    みやちゃんのラプラスの魔女の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    みやちゃんの感想・ネタバレ

    2018年6月22日

    • 評価:
    • 2
    • | 2018年6月22日

    以下、感想・ネタバレ本文

    東野圭吾の初期作品にもあった、超人をめぐる不思議な話。原作では脇役に過ぎない教授を、主役にすえた脚本に無理があるように思う。他のレビューにあるように櫻井君を配役するのは、ほんともったいない。
    豪華なキャスティングを活かせず、東野圭
    吾原作という期待値もクリア出来てない。
    狂気じみたトヨエツの演技は、一瞬ジョニー・デップと重なるほど良い味出してたのだけが収穫。

    参考になった コメントする

  • やっぱ無理があったわー…

    くーのラプラスの魔女の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    くーの感想・ネタバレ

    2018年6月9日

    • 評価:
    • 2
    • | 2018年6月9日

    以下、感想・ネタバレ本文

    やっぱ無理があったわー、小説で自分の頭で想像した方が良いわ。ストーリは良いのになぁ残念

    参考になった コメントする

  • 牧生のラプラスの魔女の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    牧生の感想・ネタバレ

    2018年5月22日

    • 評価:
    • 1
    • | 2018年5月22日

    以下、感想・ネタバレ本文

    ネタバレ 超能力者みたいなの出てきたら、もう何でもありになっちゃう気が…
    謎も事件も一気に内容薄くなる。
    原作買おうかと思ってたけど、映画見て買わなくて良かったと思えるほどの内容

    参考になった コメントする

  • クソつまらない作品…

    だんごのラプラスの魔女の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    だんごの感想・ネタバレ

    2018年5月14日

    • 評価:
    • 1
    • | 2018年5月14日

    以下、感想・ネタバレ本文

    クソつまらない作品。
    クソすぎて、櫻井翔と広瀬すずが可哀想。

    参考になった コメントする

  • 護摩堂の水のラプラスの魔女の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    護摩堂の水の感想・ネタバレ

    2018年5月8日

    • 評価:
    • 3
    • | 2018年5月8日

    以下、感想・ネタバレ本文

    ネタバレ せっかくの東野圭吾の作品が ただのVFX作品に成り下がっている。
    カメラワークも残念 画面の繋がりも微細な部分(メイクやヘアー)にアラが目立つので そこで現実に引き戻される。
    そもそも 「アプラスの魔女」っていう不透明な部分にもっと 光を当ててくれないと ミステリーの醍醐味がなくなる。
    話の展開が早すぎで盛り上がらない。
    脚本がマズイのか 監督が先走ったのか うーーん。
    多分 お金のかかったVFXを売りにしたかったのだろうけど ここは逆に さらりと流す方が 東野圭吾作品の二転三転の展開が活かせるのではないかと思う。
    しかも せっかくの俳優陣のいいところが全然出ていない。
    サトエリちゃん リリーフランキーさん 高嶋政伸さんの「こいつ悪そう」な部分も余り発揮されていないし 豊川悦司さん玉木宏さんも不完全燃焼。
    櫻井翔君に関してはミスキャストだと思ってしまった。
    あーやっちゃいました!

    参考になった コメントする

  • たけしのラプラスの魔女の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    たけしの感想・ネタバレ

    2018年5月5日

    • 評価:
    • 2
    • | 2018年5月5日

    以下、感想・ネタバレ本文

    ネタバレ 劇的な「予測」できる力を持った者の話。
    主役は教授である必要があったのか?
    教授は車の運転とちょっとした発想の転換をアドバイスしただけ。
    まあ、話が難しい。
    映像化しなくても良かったんじゃないかと。
    あまりにも非現実的すぎて。

    参考になった コメントする

ラプラスの魔女に関するQ&A

ゲオマートバナー
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ

ゲオマートバナー