検察側の罪人の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

検察側の罪人

検察側の罪人

検察側の罪人

3.3

6件のレビュー

6件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

公開日:2018/08/24

上映時間:123分

ジャンル:邦画サスペンス

最新のレビュー追加日:2018/09/07

この作品は?

「検察側の罪人」

雫井脩介の司法ミステリーを原作に「関ヶ原」の原田眞人が監督、木村拓哉と二宮和也が初共演。

出演は木村拓哉二宮和也吉高由里子など豪華キャストで贈る、ジャンルは邦画サスペンスの作品です。

6件のレビューが投稿されており、評価は3.3と注目の作品です!

解説

雫井脩介の司法ミステリーを原作に「関ヶ原」の原田眞人が監督、木村拓哉と二宮和也が初共演。ある殺人事件の容疑者の一人として、すでに時効を迎えた未解決事件の最重要容疑者が浮上。彼を執拗に追い詰める検察官・最上の捜査方針に若手の沖野は疑問を抱く。互いの正義を賭けて対立する二人の検事を木村拓哉と二宮和也が演じるほか、「ユリゴコロ」の吉高由里子、「モリのいる場所」の山﨑努ら豪華俳優陣が集結。

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

都内で発生した殺人事件を担当することになった東京地検刑事部のエリート検事・最上(木村拓哉)と駆け出しの検事・沖野(二宮和也)。最上は複数いる容疑者の中から、すでに時効を迎えた未解決殺人事件の最重要容疑者であった松倉という男に狙いを定め、執拗に追い詰める。最上を師と仰ぐ沖野は、自白を引き出そうと取り調べに力を入れるが、松倉は犯行を否認し続けるばかり。やがて沖野は、最上は松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではと疑問を抱くように。二人の検事は、事件の審理を巡り互いの正義を賭けて対立する。

概要

制作年

2018年

制作国

日本

出演者・スタッフ

監督

脚本

原作

出演

製作

エグゼクティブプロデューサー

企画・プロデュース

プロデューサー

協力プロデューサー

プロダクション統括

ラインプロデューサー

撮影

照明

美術

編集

VFXスーパーバイザー

ヘアメイク

Bカメラ撮影

音響効果

スクリプター

キャスティング

製作担当

  • 総合評価
  • 3.3
  • 原作は読んでいません…

    自由人の検察側の罪人の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    自由人の感想・ネタバレ

    2018年9月7日

    • 評価:
    • 1
    • | 2018年9月7日

    以下、感想・ネタバレ本文

    原作は読んでいません。
    題名に引かれて観賞しました。
    なんか堅苦しいというか重苦しいような感じで進みました。
    途中見どころがあったけど、難しいような感じがして、あまり合わないような感じでした。
    なんか終わりかたも不自然です。⁉
    あまり薦められませんね!

    参考になった コメントする

  • 原作は読んでいません…

    mamaの検察側の罪人の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    mamaの感想・ネタバレ

    2018年9月5日

    • 評価:
    • 4
    • | 2018年9月5日

    以下、感想・ネタバレ本文

    原作は読んでいません。
    たぶん端折ったんだろうなあと思うところがあったし、ちょっとよくわからないと思うところもありました。人間関係とか。ラストは中途半端な印象。もっとガンガン追及する、それをかわしながらもだんだんと追い詰められていく、みたいな攻防があっても良かったかと。でも全体的には良くできた作品だと思います。

    いままでは何を見てもキムタクだったのに、そりゃキムタクなのでキムタクではあるんですがこの作品はキムタクっぽくなかったです。わかりづらいかww
    良い役者になったんだなーというのが率直な感想。

    二宮君の取調べシーンは迫力ありました。どうしても幼く見えてしまうのですが、彼ももう30代半ばなんですね。

    参考になった コメントする

  • キャストが良かったため期待したが…

    くにの検察側の罪人の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    くにの感想・ネタバレ

    2018年9月4日

    • 評価:
    • 3
    • | 2018年9月4日

    以下、感想・ネタバレ本文

    キャストが良かったため期待したが…イマイチ消化不良な作品(;´д`)
    予告見た感じ、複雑そうなサスペンスかと思ったが、ストーリー展開がわかりやすくなっていたため見やすかったのは評価出来るが、
    このオチか~と言う感じ。(原作は読んでないが…)
    ニノの演技は良かったが、キムタクは何を演じても安定のキムタクだった(^o^;)笑
    ダブル主演だが、主役は意外にもそっちか~と言うのも良かったかな。
    個人的には、もう少し尺を延ばしても木村を追い込むストーリーのが良かったのではないかと思った★

    参考になった コメントする

  • 難しい話でした…

    くーの検察側の罪人の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    くーの感想・ネタバレ

    2018年8月26日

    • 評価:
    • 3
    • | 2018年8月26日

    以下、感想・ネタバレ本文

    難しい話でした、キムタクじゃなくてもよかったかもニノの一気にまくし立てるセリフとかはすごかったなドラマでまた違う俳優さんでやってほしいな

    参考になった コメントする

  • 映画ランド独占試写会にて鑑賞…

    オレンジクラッシュの検察側の罪人の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    オレンジクラッシュの感想・ネタバレ

    2018年8月13日

    • 評価:
    • 4
    • | 2018年8月13日

    以下、感想・ネタバレ本文

    映画ランド独占試写会にて鑑賞。
    容疑者松倉の酒向芳さんと駆け出し検事沖野の二宮和也さんとの何としてでも自供させようとするシーンの緊張感は半端ないです。
    型破りで正義感が強く、事件の大小にこだわらない考えを持ち、たとえ下着泥棒であろうと納得するまで徹底的に調べ上げるHEROの久利生公平とは違う、これまでに観たことのないエリート検事最上役の木村拓哉さんの演技にも注目。
    原作とは違う結末はやむなしか。

    参考になった コメントする

検察側の罪人に関するQ&A

ゲオマートバナー
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ

ゲオマートバナー