猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

3.9

1938件のレビュー

1938件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

レンタル開始日:2018/02/21

収録時間:139分

ジャンル:洋画SF

最新のレビュー追加日:2018/06/25

この作品は?

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

高度な知性を持った猿への覇権の変遷を描く、「猿の惑星」シリーズのリブート版第3弾。

監督はマット・リーヴス、出演はアンディ・サーキスウディ・ハレルソンスティーヴ・ザーンなど豪華キャストで贈る、ジャンルは洋画SFの作品です。

1938件のレビューが投稿されており、評価は3.9と注目の作品です!

解説

高度な知性を持った猿への覇権の変遷を描く、「猿の惑星」シリーズのリブート版第3弾。家族を殺された猿のリーダー・シーザーは、群れと分かれ、口のきけない少女ノバらを加えながら復讐を果たしに敵軍大佐の元へ。しかし冷静さを失い、猿存亡の危機を招く。前作「猿の惑星:新世紀」に続きマット・リーヴスが監督。「創世記」「新世紀」に続き「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアンディ・サーキスがシーザーを演じるほか、「ある決闘 セントヘレナの掟」のウディ・ハレルソンが冷酷非情な大佐役で出演。

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

高度な知能を得た猿と人類の全面戦争が勃発してから2年後。シーザー(アンディ・サーキス)率いる猿の群れは森の奥深くに身を潜めていたが、ある夜奇襲を受け、シーザーの妻と年長の息子が落命。敵の軍隊を統率する大佐(ウディ・ハレルソン)への憎しみから、シーザーは仲間たちを新たな隠れ場所に向かわせ、穏やかなオランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)やシーザーの片腕的な存在のロケット(テリー・ノタリー)らを伴い復讐の旅に出る。道中、口のきけない人間の少女ノバ(アミア・ミラー)や動物園出身の奇妙なチンパンジー、バッド・エイプ(スティーヴ・ザーン)を加え、大佐のアジトである巨大な要塞にたどり着いた一行。しかし復讐心に燃えいつもの冷静な判断力を失ったシーザーは、執拗に彼を狙う大佐に捕獲されてしまう。そこで新天地に向かったはずの仲間たちがこの刑務所のごとき施設に監禁され過酷な重労働を課せられていることを知り、責任を痛感したシーザーは大切な仲間を希望の地へと導くため、命がけの行動に出る。

概要

制作年

2017年

制作国

アメリカ/カナタ゛/ニューシ゛ーラント゛

出演者・スタッフ

  • 総合評価
  • 3.9

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)に関するQ&A

「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」完成披露試写会へ10組20名様をご招待!
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ

「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」完成披露試写会へ10組20名様をご招待!