キングスマン:ゴールデン・サークルの評価・レビュー(感想)・ネタバレ

キングスマン:ゴールデン・サークル

キングスマン:ゴールデン・サークル

キングスマン:ゴールデン・サークル

4.2

1096件のレビュー

1096件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

レンタル開始日:2018/04/06

収録時間:140分

ジャンル:洋画アクション

最新のレビュー追加日:2018/04/19

この作品は?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」

「キック・アス」のマシュー・ヴォーンが手掛けたスパイ・アクションの続編。

ジャンルは洋画アクションの作品です。

1096件のレビューが投稿されており、評価は4.2と注目の作品です!

解説

「キック・アス」のマシュー・ヴォーンが手掛けたスパイ・アクションの続編。謎の敵ゴールデン・サークルの襲撃により、キングスマンの拠点が壊滅。僅かに生き残ったエグジーたちは、同盟を結ぶ組織ステイツマンの協力を得るため、アメリカへ向かうが……。前作に引き続き、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「イーグル・ジャンプ」のタロン・エガートンに加え、「アリスのままで」のジュリアン・ムーア、「女神の見えざる手」のマーク・ストロング、「チェイサー」(17)のハル・ベリー、「ローガン・ラッキー」のチャニング・テイタムなど、豪華キャストが顔を揃える。

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

スパイ機関 キングスマン の拠点が、謎の敵 ゴールデン・サークル の攻撃により壊滅。残されたのは、一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)の2人だけになってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関 ステイツマン の協力を得るため、アメリカへ向かう2人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンとは対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった。彼らは文化の違いを乗り越え、ゴールデン・サークルの陰謀を阻止することができるのか……?

概要

制作年

2017年

制作国

イギリス/アメリカ

出演者・スタッフ

  • 総合評価
  • 4.2

キングスマン:ゴールデン・サークルに関するQ&A

マガジンクチコ導線用常設バナー
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ

マガジンクチコ導線用常設バナー