ピーターラビットの評価・レビュー(感想)・ネタバレ

ピーターラビット

ピーターラビット

ピーターラビット

0

2件のレビュー

2件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

公開日:2018/05/18

上映時間:95分

ジャンル:洋画SF

最新のレビュー追加日:2018/06/29

この作品は?

「ピーターラビット」

ビアトリクス・ポター原作の同名絵本を「ANNIE アニー」のウィル・グラックが実写映画化。

出演はローズ・バーンドーナル・グリーソンサム・ニールなど豪華キャストで贈る、ジャンルは洋画SFの作品です。

解説

ビアトリクス・ポター原作の同名絵本を「ANNIE アニー」のウィル・グラックが実写映画化。イギリスの湖水地方。うさぎのピーターと心優しい女性ビアが暮らすお隣に、ロンドンからマグレガーが越してくる。マグレガーは美しいビアに惹かれていくが……。出演は、「X-MEN:アポカリプス」のローズ・バーン、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のドーナル・グリーソン。

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

豊かな自然に囲まれたイギリスの湖水地方。青いジャケットを着たいたずら好きなうさぎ・ピーターと自然を愛する心優しい女性ビア(ローズ・バーン)が暮らすお隣に、大都会ロンドンから神経質そうな男性トーマス・マグレガー(ドーナル・グリーソン)が越してくる。両親を亡くしたピーターにとってビアは心を許せるたった一人の女性だったが、マグレガーも美しいビアに次第に惹かれていく。ピーターはライバルとなったマグレガーを都会に追い返そうと様々ないたずらを仕掛け、マグレガーも大人げない行動で反撃する。ビアはそんな二人を暖かく見守っ

概要

制作年

2018年

制作国

オーストラリア=アメリカ=イギリス

出演者・スタッフ

出演

出演(声)

映画原案

  • 総合評価
  • 0
  • 家族と吹き替え版を見に行きました…

    ゆたおくんのピーターラビットの評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    ゆたおくんの感想・ネタバレ

    2018年6月29日

    • 評価:
    • 5
    • | 2018年6月29日

    以下、感想・ネタバレ本文

    家族と吹き替え版を見に行きました。

    原作のピーターラビットの世界観が好きな方は、このドタバタコメディは腹立たしいほど「違う!」と思われるかもしれません。

    私は原作との比較はせず観たので、素直に面白い映画だと思いました。
    マグレガーとうさぎ達のバトルはロックですが、「うさぎは正義」とうさぎを崇めるうさぎ飼いとしては、いつもなら捕食されるうさぎが壮絶に強くて痛快。
    CGの素晴らしさとマッチして、ピーターがダークヒーローさながらかっこよく見えました。

    ドーナル・グリーソンは、ドリフのいかりや長介的なポジションなので、困ったり怒ったり呆れたり吹っ飛ばされたりしてばかり。
    イケメンとしての見せ所は少ないですが、それでもやっぱりカッコイイです♪

    また、吹き替えの千葉雄大さんが、イギリスジョークや海外版を理解した上で声を吹き込んでいるのでは?というくらい、日本人には馴染みのある可愛らしさや根は真面目な感じに仕上がり、上手く表現出来ていました。

    1点惜しかったのは、うさぎの毛づくろいや訴えかけるような愛らしい表情など、かわいいシーンが足りなかったかなと思います。ほぼ野生のうさぎなので、そんな可愛らしいことしてられないってのはわかりますけどね(笑)

    参考になった コメントする

ピーターラビットに関するQ&A

ゲオマートバナー
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ

ゲオマートバナー