機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

0

1件のレビュー

1件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

公開日:2018/11/30

上映時間:0分

ジャンル:その他

この作品は?

「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」

「機動戦士ガンダム」シリーズの一作「機動戦士ガンダムUC」のその後を描出するアニメーション。

出演は榎木淳弥(出演(声))、村中知(出演(声))、松浦愛弓(出演(声))など豪華キャストで贈る、ジャンルはその他の作品です。

解説

「機動戦士ガンダム」シリーズの一作「機動戦士ガンダムUC」のその後を描出するアニメーション。宇宙世紀0097年。ラプラス事変で人知を超える力を示した2機のモビルスーツは封印されていた。だがある日、消息不明だったユニコーンガンダム3号機が姿を現す。声の出演は「デジモンアドベンチャー tri.」シリーズの榎木淳弥、「コープスパーティー」の松浦愛弓、「シンドバッド」シリーズの村中知。脚本は「機動戦士ガンダムUC」のストーリーを担当した福井晴敏。監督は『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第2話の演出を手がけた吉沢

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

『ラプラスの箱』が開かれて一年後のU.C.0097。ニュータイプの存在とその権利に言及した『宇宙世紀憲章』の存在が明かされるも、世界の枠組みは大きく変化することはなかった。のちに『ラプラス事変』と呼ばれる争乱は、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の瓦解で終結したかに見えた。その最後の戦闘で、2機のフル・サイコフレーム仕様のモビルスーツが人知を超えた力を示す。白き一角獣と黒き獅子、2機の脅威は封印されることで人々の意識から忘れ去られるはずだった……。そんななか、2年前に暴走事故を起こし行方不明となっていたRX-0

概要

制作年

2018年

制作国

日本

出演者・スタッフ

監督

脚本

メインキャラクター原案

キャラクター・デザイン

メカニカルデザイン

色彩設計

CGディレクター

モニターデザイン

特殊効果ディレクター

撮影監督

編集

音響監督

音楽

出演(声)

  • この作品にはまだレビューがありません。
    あなたが最初のレビューを書いてみませんか?
  • レビューを書く

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)に関するQ&A

ゲオマートバナー
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ

ゲオマートバナー