ファインディング・ドリーの評価・レビュー(感想)・ネタバレ

ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー

4.1

24485件のレビュー

24485件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

レンタル開始日:2016/11/22

収録時間:97分

ジャンル:海外アニメ・定番スタジオ

最新のレビュー追加日:2019/02/13

この作品は?

「ファインディング・ドリー」

ディズニー/ピクサーによるアニメーション「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。

監督はアンドリュー・スタントン、出演はエレン・デジェネレス(声優)、アルバート・ブルックス(声優)、エド・オニール(声優)など豪華キャストで贈る、ジャンルは海外アニメ・定番スタジオの作品です。

24485件のレビューが投稿されており、評価は4.1と注目の作品です!

解説

ディズニー/ピクサーによるアニメーション「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作から1年後。家族のいないナンヨウハギのドリーが、幼少期の秘密を解く鍵を求めて、カクレクマノミの親子マーリン&ニモと共に再び大海原へ旅立つ。監督は、前作に続きアンドリュー・スタントン。共同監督に「ニセものバズがやって来た」のアンガス・マックレーン。前作でドリーの声を務めたエレン・デジェネレスが続投。日本語吹替版でも前作に続き、ドリーの声を室井滋、マーリンの声を木梨憲武が担当する。

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、愛する息子ニモを人間の世界から救出した奇跡の冒険から1年。ニモのいちばんの親友ドリーは、何でもすぐに忘れてしまう忘れんぼうだったが、ただひとつ忘れなかったのは 家族の思い出 であった。だがどうしてその思い出だけを忘れなかったのか……。そして、ドリーの家族はいったいどこに……。そんな中、ドリーとニモ、ニモの父マーリンは、ドリーの幼少時の謎を解き明かそうと再び大海原に旅立つ。だがその秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた……。

概要

制作年

2016年

制作国

アメリカ

出演者・スタッフ

声優

  • 総合評価
  • 4.1

ファインディング・ドリーに関するQ&A

ゲオマートバナー
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ

ゲオマートバナー