羊と鋼の森の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

羊と鋼の森

羊と鋼の森

羊と鋼の森

0

0件のレビュー

0件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

公開日:2018/06/08

上映時間:134分

ジャンル:邦画ドラマ

この作品は?

「羊と鋼の森」

第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説を原作に「orange -オレンジ-」の橋本光二郎監督が映画化。

出演は山崎賢人三浦友和上白石萌音など豪華キャストで贈る、ジャンルは邦画ドラマの作品です。

解説

第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説を原作に「orange -オレンジ-」の橋本光二郎監督が映画化。高校生の時、ピアノ調律師・板鳥と出会い、念願の調律師として働き始める外村。恩師や先輩、双子の姉妹に囲まれながら、外村はひたすら音と向き合ってゆく。新米調律師の外村直樹を「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の山﨑賢人、外村が憧れる調律師・板鳥宗一郎を「葛城事件」の三浦友和、外村の先輩・柳を「忍びの国」の鈴木亮平、ピアニストの高校生姉妹・和音と由仁を実の姉妹である「ちはやふる」の上白

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

北海道の田舎で育った外村直樹(山﨑賢人)は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)と出会う。彼の調律したピアノの音に生まれ故郷と同じ“森の匂い”を感じた外村は、調律の仕事に魅せられ、その世界で生きていこうと決意。専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働き始める。いちばん年齢が近く兄のような存在である先輩・柳(鈴木亮平)に付きながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、ある日、高校生姉妹、和音(上白石萌音)と由仁(上白石萌歌)に出会う。柳の調律したピアノを二人が弾くと、和音の音は端正で艶

概要

制作年

2018年

制作国

日本

出演者・スタッフ

原作

音楽

エンディング・テーマ

製作

エグゼクティブプロデューサー

プロデューサー

プロダクション統括

撮影

美術

録音

照明

編集

助監督

製作担当

音楽プロデューサー

  • この作品にはまだレビューがありません。
    あなたが最初のレビューを書いてみませんか?
  • レビューを書く

羊と鋼の森に関するQ&A

ゲオマートバナー
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ

ゲオマートバナー